技能

 日本の企業などとの契約に基づいて、わが国の産業上の特殊な分野に属する熟練した技能を要する業務に従事しようとする外国人で経歴、待遇面で一定の要件を満たす者に与えられる資格で、下記のような技能者に与えられます。
(1) 外国料理の調理、外国食品の製造・加工に係る技能(コック)
(2) 外国特有の建物、土木に係る技能(教会)
(3) 外国特有の製品の製造または修理に係る技能(ルイヴィトン)
(4) 宝石、貴金属または毛皮の加工に係る技能(水晶研磨職人)
(5) 動物の調教に係る技能(JRA)
(6) 石油探査などの掘削、地質調査に係る技能
(7) 航空機の操縦の技能(2,500時間以上の飛行経歴を要する)
(8) スポーツの指導に係る技能(オリンピックあるいは世界選手権レベルの出場歴と3年以上の指導歴を要する)
(9) ワイン鑑定等の業務について5年以上の経験を有し、国際ソムリエコンクール等の出場経験者または、当該コンクールで優秀な成績を収めた者
⇒(1)~(9)は原則として10 年の実務経験が必要となります。

新着記事

  1. ​『依頼中の弁護士が業務停止になったら 』 (ア...
  2. 以下の記事です^^ https://souzoku.how-inc.co.jp...
  3. 起業段階の会社や中小企業の経営において、株式を譲渡するときの注意点(企業法務(主に会社法、税法...
  4.  起業段階の会社や中小企業(非公開会社、閉鎖会社)の経営において、株式を譲渡するときの注意点(...
  5.  特許権の登録とは、登録者が、登録出願をした新規の発明を独占的、排他的に利用できることを公に認...