契約書作成・チェック

ネットの契約書のひな形を使用するのは危険!!

インターネット検索で「契約書」と調べると実に様々な契約書の雛形がネット上にあふれかえっているのがわかります。こういった雛型の多くは無料で手に入るためか皆様も安易に使用してしまいがちです。 しかし、このような契約書を用いて取引を継続して行うことは事業家の方々にとって大変リスクのある行為といえます。なぜなら、インターネットで作成されている契約書の雛形は、契約書を作成する専門家が当該事業者から具体的な事情を聞き取るという過程が存在しないため、個々の事業者の規模や取引の実情に対応できず、また、事業者が契約当事者の甲か乙か判らないために事業者様に不利な内容の条項も含んだ中立的な内容になっているからです。中には契約自体が無効になるような条項が存在するものもありますが、その責任を雛形の作成者に求めることはとても困難です(それら契約書の雛形の多くは、著しく質が悪いのにもかかわらず‥です)。
こういった事情を踏まえると、ネットの契約書のひな形を使って長く取引をしてくことは日常的に会社の利益を減らし、場合によっては会社に不測の損害を生じさせるものといえます…(・_・;)

お客様のニーズに最も合った契約書をご提供します。

契約書は、個々のニーズに最もフィットしたものを作らなければ意味がありません。そのために契約書の作成者と事業者が面談をし業務内容や希望等を聞き取るという過程を経ることが必要不可欠となります。
そこでリガサポでは、お客様にとってベストな契約書を作成するため、お客様との入念な打ち合わせを怠らず、質の良い契約書をリーズナブルな価格でかつ迅速に事業者の方にご提供することをお約束します。

契約書作成サービスの流れ

1.弊社担当者が契約の概要及び事業内容の聞き取り
2.担当者の方から契約書の草案をメールでお客様へ送付
3.お客様が原案を見て、修正部分や不足部分等を指摘し、担当者宛にメールで返送
4.2と3の繰り返し
5.お客様が満足した時点で契約書完成(*^。^*)

新着記事

  1. ​『依頼中の弁護士が業務停止になったら 』 (ア...
  2. 以下の記事です^^ https://souzoku.how-inc.co.jp...
  3. 起業段階の会社や中小企業の経営において、株式を譲渡するときの注意点(企業法務(主に会社法、税法...
  4.  起業段階の会社や中小企業(非公開会社、閉鎖会社)の経営において、株式を譲渡するときの注意点(...
  5.  特許権の登録とは、登録者が、登録出願をした新規の発明を独占的、排他的に利用できることを公に認...