法律顧問サービス

1.顧問業務の内容について

顧問業務の内容は、
1)法律相談
2)契約書のチェック
3)法律文書等の作成
…等です。これら業務が代表的な業務ですが、他にも事業に関することでしたらお気軽にご相談ください。

2.法律相談

法律相談については、会社の組織に関する事項(ガバナンス)や、法規制、取引上の事柄等、事業に関することなら特に制限はありません。
簡単な相談であればメールでも、電話でも、お話を伺います。つまらないことと思っても気がかりなことがあれば遠慮せずにお気軽にご相談ください(^○^)

3.契約書のチェック

契約書のチェックは簡単なものであれば顧問業務の範囲で承ります。ただ、契約書の作成については別料金が発生する可能性が高いものと考えてください。契約書は本人それぞれのニーズにあったオンリーワンのものを作成しなければ意味がありません。そのためには、本人と私との綿密な打ち合わせを経る作業が必要不可欠だからです。

4.法律文書等の作成

弊所では、請求書や内容証明書の作成等を多く取り扱っております。これらの書面も顧問業務の範囲内ですが事案次第では訴訟等も検討せざるえないという場合があります。この場合は、顧問料とは別に別途料金を頂くことになります。

新着記事

  1. ​『依頼中の弁護士が業務停止になったら 』 (ア...
  2. 以下の記事です^^ https://souzoku.how-inc.co.jp...
  3. 起業段階の会社や中小企業の経営において、株式を譲渡するときの注意点(企業法務(主に会社法、税法...
  4.  起業段階の会社や中小企業(非公開会社、閉鎖会社)の経営において、株式を譲渡するときの注意点(...
  5.  特許権の登録とは、登録者が、登録出願をした新規の発明を独占的、排他的に利用できることを公に認...