BLOG

商標権登録について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 商標とは、事業者が、自己(自社)の取り扱う商品・サービスを他人(他社)のものと区別するために使用するマーク(識別標識)です。

私たちは、商品を購入したりサービスを利用したりするとき、企業のマークや商品・サービスのネーミングである「商標」を一つの目印として選んでいます。そして、事業者が営業努力によって商品やサービスに対する消費者の信用を積み重ねることにより、商標に「信頼がおける」「安心して買える」といったブランドイメージがついていきます。商標は、「もの言わぬセールスマン」と表現されることもあり、商品やサービスの顔として重要な役割を担っています。

また、一定の信用力がある商標は、他の業者に貸し与えて対価としてライセンス料を受けたり、高値で売却できたりすることがあります。

 このような、商品やサービスに付ける「マーク」や「ネーミング」を、国家や第三者に対し、商標登録をしたものに対し、独占的、排他的に利用できる権利を認めさせる手続きを、「商標登録」といいます。

 商標には、文字、図形、記号、立体的形状やこれらを組み合わせたものなどのタイプがあります。また、平成27年4月から、動き商標、ホログラム商標、色彩のみからなる商標、音商標及び位置商標についても、商標登録ができるようになりました。

 もっとも、商標登録は、その分野における専門的知識が要求されるだけでなく、手続きも煩雑で、しかも、必ず登録に成功するものではありません。このような性質の登録手続きを本人が自分で手続きをするのは大変です。

 ですから、大抵の場合、商標登録については、弁理士等に依頼して、代理申請を行うことが一般的です。

 

なお、HPのサイトでよく見かける「®」という記号は、「商標登録済み」という意味の略語です。

関連記事

新着記事

  1. ​『依頼中の弁護士が業務停止になったら 』 (ア...
  2. 以下の記事です^^ https://souzoku.how-inc.co.jp...
  3. 起業段階の会社や中小企業の経営において、株式を譲渡するときの注意点(企業法務(主に会社法、税法...
  4.  起業段階の会社や中小企業(非公開会社、閉鎖会社)の経営において、株式を譲渡するときの注意点(...
  5.  特許権の登録とは、登録者が、登録出願をした新規の発明を独占的、排他的に利用できることを公に認...